高山地帯にあるバギオ

バギオ(Baguio)の地形的な特徴

フィリピン留学のバギオは、高山地帯でありますため、物資の流通がが円滑できておらず、
生活品や工業製品、魚介類、などの物価がほかの地域よりも高いです。どんどん改善はされていますが、まだ完全ではありません。その代わりに、外食費用や文化体験などの生活費は安い方です。

バギオ(Baguio)は治安がとても安全な都市

観光都市でありながら、教育都市でもあるバギオには、
大統領の別荘が位置しており、フィリピン政府では治安に力をいれているため、政治的な観点でも最も安全なアリアと言えます。ほかの地域に比べて、事件事故がすくなく、街の雰囲気も温和で静かな感じです。

バギオ(Baguio)の語学研修環境

フィリピンは治安が危険な国ではないかという印象がありますが、この部分が気になる方々にはフィリピン留学のエリアとしてバギオをおすすめします。その理由としては、フィリピンので治安が最も安全な都市であり、教育環境もフィリピンのなかでは上位レベルの地域です。

フィリピン留学の中心地 ~セブ(Ceub) ~

フィリピンで最も古い歴史 – セブ

フィリピン留学のセブエリアは、面積からみるとマニラ、ダバオに次いで3番目に大きい都市です。フィリピンで最も古い歴史を誇る都市の一つです。このような背景で、古い建築物や遺跡など豊かであり、世界的な観光地として有名な都市です。今現在では、フィリピン南部において経済、文化の中心地であり、隣接する島の空と海をつなげる交通の要地として発展している都市です。

セブの語学研修

フィリピン留学は、首都マニラからはじめてフィリピン語学研修が開始されましたが、大規模の学校が本格的に設立し始めたところは、セブです。世界的な観光都市であり、日本で直航路が開設あるため、いま現在、最も多くの学校が密集しているフィリピン語学研修の中心地です。

フィリピンで一番多くの語学学校がある

フィリピンで一番多くの語学学校があるセブは、学校数だけではなく、学校のレベルやカリキュラムのレベルも高く、その分学校選択の幅が大きいです。

贅沢なセブ留学、留学費用は高い

フィリピン留学として最も多くの学生が選択する地域であるため、セブは、リゾート式、ホテル式などの贅沢なプランもあり、その代わりに留学費用は他に比べて高い方です。

フィリピン留学 バギオ(Baguio)の天気

バギオの天気

バギオを選択する方々のほとんどは、バギオの涼しい天候をその理由として言います。
バギオでは、エアコンをつけなくて良いくらい涼しいです。年平均気温が18℃を維持しており、マニラで35℃以上の気温をみせる日にも、バギオではなかなか26℃を超えず、日本の秋のううな天気をみせます。

バギオは涼しい天候が長所である反面、高山台で雲が多く挟ん湿度が高い点が欠点です。だから、雨季ではなく、乾季時バギオ語学研修が適格です。

バギオの乾季(11月〜4月)

較差が大きいので、朝と夕方には寒くて、日中には多少の暑い感じの日差しが強いです。外部で活動しやすい時期となり、外部活動の際には日焼け止めは必須となります。

バギオの雨季(5月〜10月)

5月から10月上旬までは、日中は澄んだ天気、夜には雨が降る天気が続きます。雨よく降ったり、台風が来たりする影響で降水量がおおく、寒い日もありますので長袖は必須です。